医療法人社団杉原会 西福山病院

診療時間(日曜日・祝日休診)
受付時間 08:30~ 午前 09:00-12:30(土曜/09:00-13:00) 午後 14:00-18:00(18:00-19:00 夜診)
[急患はいつでも診察します]
tel084-933-2110
アクセス JR松永駅北口徒歩1分

当院のご案内

 

西福山病院全景

副理事長挨拶

この度は、西福山病院のホームページをご覧頂きありがとうございます。
当院は昭和56年に私の父である杉原睦登理事長が創立して以来、愛と信頼と技術と奉仕をモットーに、地域の方々に寄り添う医療を心がけて診療して参りました。

開業当初より、患者様によりよい医療を提供しようと研鑽を積み、大学病院や高次病院と密に連携し高度な医療を可能にしています。
最新型の医療機器を設備し、大病院と同レベルの医療を目指して常に最新の技術を追求しております。東芝製超伝導オープンMRIやマルチスライスCTを導入し、鮮明な画像で早くて正確な診断が可能になりました。
さらに、早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や、傷の小さい腹腔鏡手術も導入し、より体の負担を軽く、早期に社会復帰できる治療を取り入れております。
また、福山市と尾道市の境にある当院は、2次救急指定病院として両市から救急患者を受け入れております。大病院のない松永で、当院が中心となり、地域の皆様に貢献したいと考えております。

生まれ育った松永で、地元の方々の健康のお手伝いが出来ることに喜びを感じています。高齢社会の中、『治す』医療だけではなく、『治し支える』医療が重要になると感じています。松永を中心とした、地域包括ケアシステムを構築したいと考えています。

『一人でも多くの患者様に健康と笑顔を』をモットーに、職員一丸となって最大限の努力をさせて頂きます。体調でお困りのことがあれば、どのような症状でもまず私達に御相談下さい。

西福山病院 副理事長 杉原正大

病院理念

人道的人間的医療。
医療は公共的なもの、非営利なもの、また患者のもの。社会奉仕、社会還元、社会的責任を旨とし、愛と信頼と技術と奉仕をモットーに最新医療機器、MRI、ヘリカルCT、デジタルレントゲン、マンモグラィーを導入し大病院と同レベルの医療が出来るよう4大学病院8医局と密接な交流を計り地域住民に信頼される医療を行えるよう努力します。複数の医師による正しい医療・手術を行います。

病院概要

所在地

広島県福山市(人口約48万)の西部地区のJR松永駅の北口にあります。山陽道福山西インターをおりて5分。
昔の松永地区の産業は塩田、下駄、木材の町でしたが、現在は福山大学(学生数約1万人)の活気ある若者の町です。

広島県福山市松永町340-1
TEL/084-933-2110
FAX/084-934-0043
Email shintani@nishifuk.or.jp

開設

昭和56年6月

診療科目

内科・外科・胃腸科・整形外科・胃腸科・肛門科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・小児科・神経内科・麻酔科・放射線科・胃がん検診・大腸がん検診・乳がん検診・肺がん検診・婦人科健診(子宮頸がん検診・子宮がん検診)・人間ドック・福山市予防接種(乳幼児等)

外来

多数

入院

病床数(一般62床 医療療養 60床)

手術

毎年 全身麻酔、腰椎麻酔 併せ 250例 以上あり
外科、整形外科、泌尿器科手術 等 多数あり

看護体制

一般13:1 療養2

職員

約120名
看護系職員 約80名、医師非常勤を含め約20名・理学療法師4名、レントゲン技師5名、薬剤師2名、管理栄養士および栄養士9名。

医療設備

MRI、ヘリカルCT、デジタルレントゲン、デジタルマンモグラフィー、エコー2台、カラードプラーエコー、ベンチレーター(ベネット2台、サーボ2台、Tバード3台、簡易1台)胃電子ファイバー、可変式大腸電子ファイバー、気管支ファイバー、十二指腸ファイバー、オメダ麻酔器、アコマ麻酔器、カウンターショック、バリラブ電気メス、ハーモニックスカルペル 等

環境設備

看護婦宿舎2棟、職員用駐車場 3個所、医師住宅 等

その他

■ほがらか訪問看護ステーション
TEL.084-934-1220/FAX.084-934-1164

■西福山病院通所リハビリステーション(デイ・ケアえがお)
TEL.084-933-2110/FAX.083-934-0043

■あまぐり居宅介護支援事業所
TEL.084-930-0547/FAX.084-934-1164

■訪問リハビリテーション
TEL.084-933-2110/FAX.084-934-0043

■往診等

PAGE
TOP